食品加工工場仕切りスイングドア(スイングドア:工事後←ガラス戸:工事前)

食品加工工場仕切りスイングドア(スイングドア:工事後←ガラス戸:工事前)
食品加工工場仕切りスイングドア(スイングドア:工事後←ガラス戸:工事前)
食品加工工場仕切りスイングドア(スイングドア:工事後←ガラス戸:工事前)
寸法W1140-H1975
仕様全面ステンレス、両開き、アクリル透明

材質

表面材ステンレス
アクリル透明
スチール枠、アイボリー塗装

詳細説明

このスイングドアは食品加工工場様の衛生管理対策ための工事工場内レイアウト変更にともなう工事用に納入をさせていただいたもので、以前はガラス戸で仕切られていた開口をスイングドアへ変更することになりました。

ガラス戸は取手を触らないとドアを開けることができず、閉じる時も取手を触る必要があります。昨今の感染症対策および衛生管理対策のためには、「肘開け」「自動で閉じる」が可能なスイングドアの需要が非常に高まっています。

各県により異なりますが、食品工場に関しては、保健所の指導のもと、HACCP対応や衛生管理の申請に関してスイングドア設置を求められることがあります。今回のスイングドアは密閉タイプドアになりますので、各工程ごとにしっかりと区切り衛生管理を行っています。

また3枚めの写真は、工事中の写真となっております。納入をする際には、スイングドアの梱包を解いていただいた後も、ドア表面はビニールコーティングされておりますので、施工時に傷などつかないようになっております。取り付けが完了しましたら、ヒンジ部をカバーして、全てのビニールコーテイングを剥がしていただければ施工は完了となります。

スイングドアライブラリー.comでは、施工する際の傷対策、商品の保護、カバーなどもしっかりおこなってお客様へお届けをいたしますので、ご安心くださいませ。また、各都道府県の保健所対応、HACCP対応にも的確にご提案をさせていただきます。