極小両開きスイングドアw785(密閉ガスケットタイプ)

極小両開きスイングドアw785(密閉ガスケットタイプ)
寸法w785h1973
仕様表面材アルミ、窓透明、四方ガスケット

材質

表面材アルミ0.8t
アクリル透明
ガスケット四方ガスケット密閉タイプ

詳細説明

こちらのスイングドアは食品加工工場内の仕切りドアとして設置させていただきました。

こちらのスイングドアは開口がW785と非常に狭い開口に対して、両開きのドアを導入しています。通常W785の場合は片開きドアとなります。また、通常両開きのドアはW1200からが一般的です。

狭い開口に両開きのドアを導入するメリットとしましては、ドアを開いた時のドアの回転半径が半分になることです。

ドアの反対側の近くに壁があったり、什器や設備などが設置されている場合、多きな一枚のドアだとぶつかってしまう場合があり、その場合こういった極小両開きドアを使用することで問題を解決することができます。

こういった細かな特注対応、1mmからの寸法対応もしっかり対応をさせていただきます。

 

また今回のドアは、HACCP(ハサップ)に沿った衛生管理に対応した、準衛生区域(準清潔区域)の仕切りドアとして、密閉ガスケットタイプのスイングドアとなります。

密閉タイプのガスケット付きスイングドアは、ドア枠とドアの隙間を上下左右ガスケット(ゴム)で密閉をしています。ドアが閉じると、各区域毎にゴミやホコリなどの侵入を防ぐことができます。

HACCPに沿った衛生管理が制度化された現在では、徹底した衛生管理が食品製造業者様には求められます。

 

参考:厚生労働省「HACCP(ハサップ)とは?」

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/haccp/index.html

 

スイングドアライブラリー.comでは、衛生管理に対応するスイングドアのご提案も可能です。また昨今抗ウィルス対策、抗菌対策のスイングドア製品もご用意しております。

お気軽にお問い合わせくださいませ。