特注スイングドアを選ぶ際に必要な情報とは?

2021.01.15

一般タイプ 密閉タイプ 化粧板・ カラー鋼板タイプ ミニスイングドア 抗菌・抗ウィルス対策 飲食店(厨房)スイングドア 店舗用スイングドア

スイングドアは、取り付ける目的や環境によって大きく仕様が異なってきます。

そのため、スイングドアを選定する際には様々なポイントを押さえてメーカー側に連絡することが必要です。

最終的にはスイングドアメーカー側との打合せで詳細を詰めていくことになりますが、概要としては

下記の情報を押さえておくと、選定がスムーズに進みます。

 

使用環境

  1. スーパーマーケット、コンビニエンスストア、工場(食品系かそうではないか)、飲食店、トイレなどスイングドアが使用される環境によってドアに採用される仕様・材質・オプションなどが決まってきます。

タイプを選ぶ

  1.  一般タイプ・密閉タイプ・ミニスイングドアかを選択する
  2. 表面材の材質を選択する(ステンレス、アルミ、化粧板、シート貼り、抗菌・抗ウイルスなど)

 開口寸法を指示する

  1. 開口寸法とは、ドア枠の枠内寸法のことを指します。
  2. スイングドアを設置する場所にドア枠がない場合は、枠外寸法(LGS開口や軽量鉄骨の開口)を伝える必要があります。

両開きか、片開きかを選択する

オプションを選ぶ

  1. スイングドアのオプションには、窓(透明かハーフミラーなど特殊仕様)、バンパー、取っ手・手押しプレート、戸当たり、鍵、強化ヒンジなどがあります。使用する目的に応じてオプションを選択します。

 ドア枠が必要か

  1. 必要な場合はスチール(塗装色など含む)、ステンレスなどの材質を指示することが必要です。
  2. 見込み(幅)・見付け(厚み)を指示します。
  3. 溶接で施工するか、軽量鉄骨やLGSにビス留めで施工するか

取付工事

  1. 自社で手配するか、メーカーに依頼するか

 

仕様によってこれ以上の情報が必要になることもありますが、特注のスイングドアを選定される際に、ぜひ参考になさってください。

なお、スイングドアライブラリー.comでは、もしお客様の手元に平面図や建具表がある場合は、それをお送り頂ければおおよその要求仕様は判別できますので、選定・ご提案が可能です。お気軽にご相談ください。